お客様の声

【S.Kさん/30代前半/女性】こうゆう考え方のクセがあったらそりゃ生きづらい、至極当たり前のことだと言ってもらえたことでホッとしました。

今回お申込みいただいた理由

なんとなく、自分が目をそらしたいと思っている自分の考え方のクセをtericoさんならぐさっと刺して逃がさないで?甘やかさないで?アドバイス?をしてくれるかな。と思ったから。

問題の解決など新しい発見はありましたか?

  • 全く予想していなかったことで気づきがあった
  • 見て見ぬ振りしていたことを直視できた

terico.のWeb上での印象と実際は違いましたか?

【ギャップあり!】

もっとサバサバ辛辣?な感じで色々指摘されるかと思ったけど、想像以上に柔らかい雰囲気の方だった。

 ご感想

まず、漠然と生きづらいと思っていることを、私の感覚がおかしいからそう思うのかと思ったけど、

こうゆう考え方のクセがあったらそりゃ生きづらい、至極当たり前のことだと言ってもらえたことでホッとしました。

あとお母さんみたいになりたくないと思っていたら、自分自身はそれを反面教師にして自分ネグレクトをしてるということに気づかせて頂いて、目から鱗でした…

お母さんみたいにはなってないかもしれないけど、0か100の考え方はまぁ生きづらいし、その場合どちらの方向も違うと気づかせてもらえて良かったです。

あと自分をできるだけ分析してはいたけど、で、どうしたらいんだ…と行き詰まっていたことにきちんと気づいて頂けて、

一緒に次のステップを考えてもらえるかもと思えました。

ありがとうございました。

terico.の所見

S.Kさんの場合は、幼少期のお母様との関係もあってだとは思いますが、 自分の中の素直な自分(潜在意識)を、長年押さえつけてしまっていました。

そのため、顕在意識との間に大きな氷がはってしまっているんですね…。

そうなると、自分の本心に気づけずに暮らすことになるため、自分ではそんなに我慢していないつもりでも、どこかでしわ寄せが来てしまいます。

まずはその氷を溶かすべく、 「潜在意識の声を聞こう」という意識が大切です。

それを日々繰り返していると、氷自体は徐々に溶けてきます。

お母様との関係についても、気づきがあったようで良かったです。

(お母様に限らず)自分に対してとても影響力が大きいものに対して人は、受け入れるor反発するという二択に陥りがちです。

ですが選択肢って無限にありますから。

白黒二択になっている時は、何かがおかしいぞ?と気づけるようになるのがはじめの一歩として大切ですね。

terico.
terico.
S.Kさん、もうこれから先は「恵まれているから幸せなはずなんですけど…」と自分を誤魔化さず、これが好き!これがやりたい!あれは嫌!という自分の素直な気持ちを大切にしてあげてくださいね。
これは誰もがそうですが、自分が一番大切にしなければならないのは自分自身です。
自分を守る最高にかっこいい勇者になっちゃってください!

メルマガ