怒りっぽい性格との付き合い方

イライラするのはこれが原因。【ちゃんと】したいのは誰のため?大人ぶりっ子になってませんか?

terico.
terico.
イライラすると疲れちゃうから穏やかに過ごしたいとは思いつつも、イライラが止まらない時ってありますよね。
そんな時は、自分の心の状態を観察するチャンスです!

他人の言動にイライラする裏にある【自分ルール】

怒っている時って基本は、相手や状況など外側の何かを責めている時ですよね。

その根底には「こうであるべきなのに目の前の現実がそうなっていない」という自分の考え方が眠っているわけです。

ということは、怒りの原因の多くは「◯◯せねば」「◯◯べき」「絶対◯◯」という自分ルールが元になっていることが多く、

よく怒る人というのは、自分の中のルールや世の中のマナーなどをしっかりと守る真面目な人という見方もできるわけです。

人間誰だって、何の縛りもなく勝手気ままに生きられたらそれが一番楽そうです。

だけど自分はルールやマナーを守っている。

その自分ががんばって守っているルールを、周囲の人が軽やかに破っていたら、それはおかしい!と怒りの感情が湧いてきても仕方ないのかもしれません。

エネルギーマネジメントの必須項目「怒り」の正体を知る。 【怒り】って具体的には何のこと? そもそも怒りとは、自己防衛のために発生する感情だと言われています。動物にも基本的に備わ...

電車内のマナーに見るイライラで得する人、損する人

分かりやすいのが電車の中。

個々人のパーソナルスペースがもれなく侵害される満員電車は何も起きなくたってイライラMAXです。

つまり、いつも以上に自分ルール違反者が目につくという事。

例えば電車内でのメイク。世の中的に、マナー違反ではありますよね。

揺れた時にマスカラが隣の人についたらどうすんの?ファンデーションの粉って飛ぶじゃん!とか、そういう物理的な心配もありますが、

大半の人がイラつく根本理由は「そんな姿を晒すなんて女性としてみっともない」という心理的な理由の方でしょう。

見ているだけで不快だよ!という声はとてもわかります。

ただこれって、放っておけば誰が一番損をするのか冷静に考えてみると、大損をするのは紛れもなく本人な訳です。

電車内のみんなから「みっともない女性」と見られるわけで……私なら嫌です。

けれどきっと、その彼女は誰からみっともないと思われても気にしないか、気づかない人なのでしょう。

そんな人に密かにあなたはイラついている。けれど彼女は気にしない。

人間脳みそ使うだけでエネルギー消費しますからね。

放っておいてもその彼女は大損をするのに、イライラで無駄なエネルギーを食ってしまっているのは、実はあなたの方だったりするわけです。

悔しいけれどこれが現実。

電車内でのイライラの原因

イライラの奥に潜んでいるあなたの深層心理

で、ですね、そんな風に無駄にエネルギーを使ってしまう自分は、一体何をしたいのでしょう?

その人のせいでエネルギーを奪われているのでしょうか?本当に?

目をそらせばもう気にならないかもしれないのに、イライラしながらチラチラ見てしまうのはなぜ?

その奥の心理には、やはり自分が自分自身に強く禁止している何かがあったりします。

毎日疲れて家に帰って、朝もできればギリギリまで寝ていたい。

だけどメイクは社会人として最低限のマナーだ(と思っている)から、なんとしてでもメイクの時間はきちんと取って、ちゃんと間に合うように家を出る。

なのにあの人は車内の時間を有効活用してメイクを済ませるなんて

なんだか「みっともない」以上の感情が潜んでいそうじゃないですか?

ここで言いたいのは、おおらかに行こうよとか、常識やマナーなんてそんなもんだよという事ではないです。

あなたは、それを守らなければと思っている。

そして相手はそれを破っている。だから、腹がたつ。という構造の話です。

イライラの原因は心の奥に

イライラの原因の多くは【自分に無理させすぎ】

短気さんの多くは「ちゃんと」しなきゃとか「良い自分でいたい」とか「みっともないのは嫌」という気持ちが強い場合が多いです。

それは平たく言うと、「大人」や「いい人」、「できた人」でなければ。という気持ちです。

もし自分が小さな子供ならもっと自由にできるのに、もう大人なんだからと禁止事項にまみれている状態。

そうなると、同じ大人のはずなのに勝手放題な相手にも、同じ禁止事項を求め出します。

(相手が子供の場合でも求めたくなるかもしれません)

しっかりした「大人」として立脚するのは基本的には良いことだとは思います。

けれど、何事にも度合いがあります。

自分に似合わない禁止事項を大量に守り続けることで、人にも厳しくなるし、自分もイラつくしそれで短気さんになってしまって生きづらいなんて本末転倒です。

そのルール一体誰のためのもの?という話。

オク
オク
たしかに世の中には守らなければならないルールはあるけどね!みんながみんな全部守ることなんてあり得ないよね〜。

大人でいなきゃ!が強い人は【大人ぶりっ子】

ただ、よく考えてもみてください。「ちゃんとした大人」なんて幻想です。この世に存在しません。

みんな実はこっそり自分の中で守るルールと守らないルールを決めて、ちょこちょこズルしているんです。

あなただって、赤信号でも車が来ないからって渡ったこと、ありますよね?(笑)

何が言いたいかというと、幻想の大人になろうともがいて辛くなるくらいなら、大人ぶりっ子はやめましょう。という事です。

自分自身に禁止事項を定めないとしないと守れないという事は、本当は褒めらた大人じゃないと自分ではわかっているわけです。

それなのに「大人なんだから!」「社会人なんだから!」と理想の自分像を演じ続けるのは、ちゃんとした大人ではなくただの大人ぶりっ子です。

どうしてもいい顔してしまう!という人にはこちらの記事もおすすめ。

いい人・優柔不断・八方美人をやめて、ラクな人間関係を作るために必要な4つのこと。 アドラー心理学をわかりやすく書いた「嫌われる勇気」、誰もが知るものすごいヒット書籍ですよね。 嫌われる勇気posted with...

【大人ぶりっ子】をやめて人にも自分にも優しくなる方法

いわゆるぶりっ子が嫌われるように、大人ぶりっ子という存在もはたから見るとなかなか厄介です。

両者に共通する不快感は何かと言うと、自分をよく見せるために偽っている。しかもそれが外側から見てバレている。ということ。

さらにイライラMAXな大人ぶりっ子が厄介なのは、自分も我慢しているんだからあなたも我慢しなさいよ!という押し付けが入り混じること。

そんな怒れる大人ぶりっ子をやめるために必要なことはただ一つ。

自分を縛り付けている自分ルールを緩めてあげましょう。ということです。

あなたが完璧でないことは、もうバレているのです。(笑)

それならいっそのことダメなところはさらけ出して、ちゃんとしていない自分にもOKを出せる状態を作ることが大切です。

例えば世の中の意見を10段階に分けたとしたら、白が1・黒が1・残りの8はグレーです。

短気さんの多くはこのグレーを許容することが苦手ですが、だからといって8割のグレーを拒絶していても、圧倒的少数なのは自分ですから。生き辛いだけ。

自分の中にも本当はグレーな部分があるはずなのに、それはダメと禁止していませんか?

大人になったって人間も動物。嫌なものは嫌、やりたくないことはやりたくないと思っても良いんです。

イライラの原因をたどると、自分の気持ちが見えてくる

我慢をやめると他人へのイライラも減っていく

短気さんやイライラさんは往々にして、出てきた怒りの抑え方や、それをうまく人に伝えるコミュニケーションを何とか改善しようとしがちです。

もちろんそれらも大切なことなのですが、イライラそのものが改善するための根本的な解決には至りません。

これは本当に不思議なのですが、怒ることを抑止しようと頑張るよりも、怒りたいときに怒って、やりたくないことをやめてもいいと許可を出す方が、怒りそのものは消滅していきます。

自分の余裕のなさは、人への優しさの欠如という形で表面化していきます。

人に対してイライラしてしまうときは、自分が追い詰められている証拠。

ぜひ自分を甘やかしてあげるタイミングと捉えて、自分は一体どんな厳しい【自分ルール】を抱えているのか、観察してみてくださいね。

terico.
terico.
何か【自分ルール】らしきものが出てきた時は「それ本当?」って自分に聞いてみると気づくことがあるかもですよ!