元ド短気女の日常エッセイ

心理カウンセラー的、お金と仲良くなる方法。

terico.
terico.
【損得勘定なしで生きると桁違いの豊かさが入ってくる】って自己啓発界隈ではよく聞くセリフ。で、この話にはもれなく落とし穴があると私は思ってるのね。
なんでみんなハッキリと【損得勘定なしで生きると桁違いのお金が入ってくる】とは言わないのか?
そこのカラクリとか、ちょっと深い話についてはメルマガで語っております。
この記事ではそれよりちょっとライトなお話。
日本人がなかなかお金と仲良くなれない理由について。です!

さてさて久しぶりのエッセイです。

私自身、いつもの記事よりは楽しんでライトな語り口でいかせていただきますので、ライトな気持ちで読んでいただけると良いかと!

今日はみんな大好き(なはず)お金の話。

カウンセリングで数多くの女性のお話を聞いてきましたが、このお金のカテゴリーに至っては悩みのない人はほぼ皆無!と言っても過言ではないくらい。笑

不思議じゃないですか?借金しているならまだわかりますけど、普通に働いて毎月お給料をもらっている人でも、旦那様が一流企業でがっつり稼いでいる方でも、

みんなもれなく「お金もっと欲しいです…」って言うんです。

terico.
terico.
これがね「私お金大好きで大好きで、もっともっと欲しいんです〜♡」って感じならわかるの。けどみんなそうじゃなくて、経済状況関係なしに一律なんだか苦しそうなんだよ。

そう、お金って嫌いな人あんまりいないけど、大好き!って口にする人も少ないですよね。

それこそが、日本人がお金の扱いが下手くそな所以。

お金ってどこか後ろ暗さがあるし、贅沢は敵らしいから、小さい頃からお金の使い方を練習してきていない。

貯める方法はいっぱい情報があって学べるけど、使い方で教えてもらえるのは投資とかの運用方法ばかり。

でも考えてみて欲しいんです。

稼ぐ → 貯める or 運用

この図式の矢印の部分に本来ならば<消費する>ってのが存在するはず。

私たちがお金を手に入れたいのは、貯めるためでも運用するためでもなく、消費するため。

そして、上手に消費するために、貯めたり運用したりって選択が出てくるはずなのに、日本人はとにかく贅沢が敵だし将来が不安だしで、

本来の目的であるはずの消費については、自主的に消費している。と言う意識よりも、消費せざるを得ない。って意識の方が強いくらい。

だから、貯金方法をググったり、運用についてのセミナーに行ったりする。

これって、目的と手段があべこべになっちゃってるの、わかります?

お金 潜在意識 書き換え

でね、心理的な観点で行くと、人間は不快を避けて生きていくようにできているわけですよ。

それも頭で把握している不快ではなくて、潜在的に感じている不快を無意識で避けようとする。

そうなると、今の日本の教育や感覚で育つと、もれなくお金を避ける人がたくさん発生するんです。

例えば、小さい頃に100円玉握りしめて駄菓子屋さんとか行きましたよね?(駄菓子屋とか無かったし…と言うジェネレーションギャップは自分の脳内で埋めてね)

そこで、これだけ持ってるとこんなにいっぱい買えて嬉しいなとか、そういうの、練習だったじゃないですか?

でもそれがいつからか、先のことばっか考えて使うことに不安になって、何にお金を使うことで自分がどんな気持ちになるのか、わからなくなるわけですよ。

せっかくすごい嬉しいものに使ったはずなのに、同時に「なくなっちゃった…」と言う不安とか罪悪感もついてくる。みたいな。

心理的には、不快を避けるように行動すると言う前提を鑑みると、その刷り込みから解放されないと、無意識レベルでお金を避けてしまうようになるわけです。

お金 潜在意識 書き換え

ちなみに、読んでくれている人の中に「いや、私はそんなにお金に不快感ないんですけど!」って人がもしいたらちょっと聞いてみたい。

【どうして物はもらえるのに、現金をもらうことには抵抗があるの?】

同じじゃん?その人が稼いだお金を使って物をもらうのと、稼いだお金をそのままもらうのと。

けど物とお金の間には大きな隔たりがあるはず。それはなぜだろう?

「物」と「お金」それぞれの言葉に自分がどんな価値観を紐づけているのか探ってみると良いかもしれないですよ。

そこにお金に対する不快が隠れているかもしれないから。

お金 潜在意識 書き換え

話は戻りまして、お金の刷り込みから解放される方法はと言うと………練習して失敗すること!!!

これに限るんですよね。自転車の練習と一緒。こけないと覚えない。

こけないように一生懸命お金のお勉強だけしているうちは、お金さんとはなかなか距離感がつかめず仲良くなれないんですよ。

けど自己啓発系の人はあまりここに言及しないですよね。

一度失敗してみましょーって言わない。

だってみんな一度だって失敗したくないから、そんなこと言ったらついてこなくなっちゃう。笑

けど、私からすると、何事も練習って絶対に必要です。やってみる。そして感じてみる。

そうやって、今、お金を消費すること=不安や罪悪感。てなってる部分を、少しずつ

嬉しいな。とか、便利だな。とか、楽になったな。とか、快の感覚に書き換えていく。

そうしないとダメですよ。だってもう何十年も刷り込まれてんだから。

座学だけでスコーンと何かが外れるわけがないんです。

オク
オク
セラピストとかに一時的に外してもらっても、すぐ元に戻るよ。その場だけの「ぱっかーん」に惑わされないで。笑

ちなみに私は、この数年間で散々コケました!

お金系の失敗談やら笑い話は腐る程あるけど、ちょっとまだ時効を迎えていないので言えない!笑

そのうち武勇伝として公開しますのでお楽しみに!みんな本気で驚くと思うレベルですよ。

けど、ちゃんと暮らせていますし、とても幸せな毎日です。お金にも困ってません。笑

そして、お金さんとの距離感がだんだんいい感じになってきた感覚があります。

私みたいに大ゴケする必要はないので、日頃からお金の使い方に迷ったら、不快のエネルギーを乗せて使ってないか?

使ってみた結果、どんな感じだった?って意識してみてくださいね!

もっともっとディープな話はメルマガでしてます。無料なのでぜひご登録を!